介護士にはどんな人が向いてる?

医療・福祉の仕事は、人間と人間とがコミュニケーションを取りながら行うものです。そして、高齢者を見下す事はせず、尊重しなければ出来ない仕事です。特に介護士は、直接高齢者の介護に携わる人間として多くの能力が必要になってきます。今回は、介護士にはどのような人間が適正なのか?を実体験を基にお話しします。

1.人間力が必要

先程も話しましたが、介護士の適正の一つとして基本中の基本になりますが、高齢者を見下さない事です。高齢者は身体状況が悪くなったり、時には認知症になったりします。そのような状況になると、介護士の中には高齢者を人間扱いしない者が増えてくるのです。介護士には、通常私たちが対話して何気ない暮らしをしている環境と同じ人間力が必要になってくるのです。

2.個人ではなく集団の仕事だと理解せよ

介護士の仕事は個人で行う仕事ではありません。職員全員がチームで行う事が重要です。施設で働いているのは、色々な職種の職員です。介護士や看護師、中には理学療法士等もいます。同じ目標を目指すからチームで高齢者を支える事ができます。
例えば、ベッドで排泄介助を行う時も2人一組で行うと高齢者の負担も減り、より安全に排泄介助ができるのです。個人の主張を続ける事は、他の職員とギスギスするような状況になり、チームワークのよい仕事は不可能になります。ですから、介護士の適正は集団行動、つまり協調性のある人ということになります。

3.向上心ある人間

介護士の目標は介護福祉士国家資格を取得するということにあります。介護福祉士は、介護士より専門性を持ち、介護の現場でリーダーとして働く事が出来るのです。介護士の仕事は、ただ現場の仕事が早いだけでは困ります。それに伴う知識もなければ、複雑な介護保険制度に対応出来ません。ですから、常に向上心があり日々勉強をする事が必要になります。

4.客観的に物事を捉えられる事

どうしても人間相手ですから感情的になったりする事もあります。でも、相手は自分の親より年上の高齢者です。必ず尊重する心は忘れてはいけません。高齢者にだってプライドがありますし、特に昔の人間ですから人一倍誰かに介護される事を嫌ったりします。そのような状況でも、冷静に判断し客観的の物事を捉えられる事が介護士には求められます。

始めてみてから分かることも

どんな仕事もそうですが、まずはやってみないと分からないという部分が多いと思います。
実際「こんな仕事は自分には無理だと思ってた」「向いているか不安があったけど、働いてみたら意外とやりがいがある」という声も耳にします。

また、介護は施設によって働き方や仕事内容が変わってきます。同じ職業でも自分に合ったところを求めて転職できるところが介護士の強みであり、おもしろいところでもあるのです。
「私は向いてないかも…」とあまり深く考えすぎず、まずは行動してみてくださいね。

同じカテゴリの記事一覧

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ