子育てしながら介護士になるためのポイント

育児中育児休暇後に職場復帰するならば問題ないかもしれませんが、出産退社してから再度仕事を探すとなると、どうしても時間的に融通の利く職場でなければ働くことは出来ません。

それでも、子育てしながら仕事をしているお母さんはたくさんいます。

子供を保育所や託児所に預けて、パート社員として働くことが可能な職場もありますが、急な子供の病気により当日になって休みを取ったり早退しなければならないとすれば、勤務先の協力は不可欠です。また、仕事を優先せざるおえない時は、家族に協力を求めなければなりません。
そういった状況で、介護職員として仕事をすることが出来るのでしょうか。

子育て優先で仕事をするには

介護職員の中には、当初は子育てしながらパートで働き、子育てが終了するころに正社員になって現在も介護を続けている人もいます。

子育てをしながら介護士になるなら、それができる職場を探すことです。
子育て中ということは若くて、働く意欲がある事ですから必ず働ける職場は見つかります。

子供優先にしてくれる職場は少ないのが現実

子育てを優先してくれる職場になると格段に少なくなるのは仕方ないことでもあります。
利用者にお休みはありません。急な子供の用事で休んでしまったり、早退や遅刻が多く発生すると、他の介護者のみならず利用者にも迷惑をかけてしまいます。

事業所、施設側が理解して代理での職員が配置できるかにもよるでしょう。
 
子育て時期は一時の事です。協力してもらえる勤務先に出会うことが難しくもあり大切です。

働きやすい職場を選択する

家事と育児の両立

派遣やパートで働くことで時間融通を利かせる

派遣やパートであれば、施設によりますが夜勤を任されることはほとんどありません。
派遣であれば時給も高めの設定が多いですし、未経験でもOKである派遣先も多いのでおすすめです。

訪問介護やデイサービスであれば短時間で勤務できる

訪問介護は時間単位で仕事することができますし、デイサービスであれば昼間の時間帯だけになります。
そういった介護サービスのある施設であれば、家事や育児と両立しやすい時間帯で働くことが可能です。

医療法人が運営している介護施設には保育所がある場合も

大きな医療法人が介護施設や医療介護を設けていることも多くなりました。
医療法人などの大きな施設になれば、同じ敷地内に職員のための保育園や託児所を設置しているところも見かけます。
看護師さんでも、病院の保育所に預けていますという声を耳にしますよね。同じように子供のいる介護士をサポートしてくれるところが増えているのです。

当然、仕事している時間はその施設内で子供の面倒を見てくれます。何か異常があれば連絡を受けることも可能ですし、病院があるのですから安心できます。
このような、病院が経営する介護施設でパート社員として勤務することもおすすめです。

良い職場に出会えることが再就職のカギ

派遣やパート、保育所付帯の施設で働くなどすれば、育児中でも介護士になることは十分可能です。
良い職場に出会うためにも、いろいろな選択肢を視野に入れて就職活動をしていきましょう。

こちらで評判の良い派遣会社を選びましたので、どうぞ参考にしてください。
未経験OK!おすすめ[介護専門]派遣会社3社

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ