古武術介護を知っていますか?

お年寄り高齢化社会が進む現在、介護の話題には事欠きません。問題として聞こえてくるのが、介護者不足と就職しても長く続かない現状ではないでしょうか。
介護といえば、腰を痛めてしまう、膝が悪くなることが職業病のように言われています。
多くの人が腰を守る為の腰痛ベルトを利用しており、仕方がない、諦めているなどと口にします。本当にそうなのでしょうか。
最近、話題になっている「古武術介護」とはどういったものなのか、見ていきましょう。

古武術介護とは

筋力に頼らない移乗

2005年頃より、岡田慎一郎氏によって提唱されている「古武術」の身体の使い方や考え方を介護技術の改善運用に取り入れた身体動作を「古武術介護」と呼ばれています。

現代人の動きは筋力を主にして動いていると言われます。
欧米の文化が日本に入ってきた事によって定着していった動きや考え方になっていったのです。

それ以前の日本に古くから伝わってきた武術の動きや身体の使い方は、筋力に頼らず身体の本質的転換によって効率よく動いていました。

介護の現場で、この動きや考え方を取り入れアレンジすることで、移乗や体位変換を筋力では無く身体の使い方によって、介護を無理の無いように改善していくことを目指しているのが古武術介護です。

介護者の身体を守る!

介護の技術を学ぶ時は、教科書や講習会で「こんなやり方はダメ!」「これが正しいです」と教わります。この方法は真面目な人、素直な人ほどそれを信じてこうでなければと思いこんでしまいがちです。

しかし、利用者の身体能力、筋力はそれぞれです。一部介助で習った技術を全介助の人にも
適応させようとするから、介護者の腰や身体に無理が生じるのは当たり前かもしれません。
「古武術介護」に正しい方法の提示はありません。
身体の使い方の根本的な改善を進めることはしますが、その方法を理解して状況に応じてそれぞれの技術で変化させていきます。

逆の考え方は、古武術介護の講習会や本で紹介された技術を、そのまま自分の介護現場に持って行っても、無理になるばかりで返って体を痛めるリスクを高めてしまう結果になります。
利用者の残存能力をいかしながら、介護者の筋力では無く身体の自然な使い方で、無理な姿勢や体位を取らず、少しでも介護者の身体を守る事、改善していくことこそが「古武術介護」の基本的考え方です。

知識のひとつとして頭の片隅へ置いておこう

「古武術介護」を実践したからといって、絶対安心・安全とは言えません。
どの介護技術にも100%は無いのです。

「古武術介護」を知ることで、介護技術を利用者に応じて変化させる、古武術の考え方、技術で介護者の身体を守るのが大切ということを知識のひとつとしておきましょう。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ