未経験から介護福祉士を目指すには?

未経験から介護福祉士を目指すにはどうしたら良いのでしょうか?

ここでは未経験から介護福祉士を目指す方法を解説します。
介護福祉士

全くの未経験から介護福祉士にはなれない

介護福祉士という資格は実務経験(実際に働いた経験)が3年必要です。
※専門学校に通えばこの実務経験は免除されます。

ですから、介護関係の仕事をまったくしたことがない人は介護福祉士の資格試験を受けることができません。

優遇された資格ではないのが現状

介護福祉士は給与はケアスタッフ(介護職員初任者研修や資格なし)よりは、高いですし転職にも有利です。
しかし正直なところ、介護福祉士は国家資格ではありますが、介護福祉士でなくてはできない仕事というのはないのです。
介護の知識や技術を一通り習得していると認められた証のような資格ともいわれています。

しかし将来的には必須資格になりうる

今でこそ陽の当たらない資格ではありますが、介護関係の資格はまだまだ発展途上であり今後は介護福祉士はもっと重要視されるであろう資格と言われています。

介護業界で耳にするケアマネジャーと介護福祉士の話

介護業界では、介護福祉士→ケアマネジャーのステップが一般的ですが、文字を黄色いボックスで囲むことができます。ケアマネジャーは給与の割に責任も重く、重労働であるという話を耳にします。
一応、介護福祉士よりもケアマネジャーの方が上級資格ではありますが、待遇面や労働環境の面から介護福祉士の方が良いという方も多くいるのが事実です。
ケアマネジャーを目指したいという方は、まず介護の現場を数年経験してからケアマネジャーを取得したいか、改めて考えてみた方が良いかもしれません。

介護職員初任者研修(ヘルパー2級)だけでは通用しない時代がすぐにやってきます。

介護未経験から介護福祉士を目指すための最短ルートは?

どんな施設が良い?

答えは「どこの施設でも良い」です。
介護福祉士の資格は難易度が高いほうではなく、筆記試験が主なため

しかし、現場では介護福祉士の資格を持っていればそれなりに見られます。
ですからまずは身体介護が習えることは必須です。
介護の仕事としてキツイといわれている特養ホームや介護療養型医療施設はその分、大変勉強になる職場です。
介護福祉士の資格を持っているとなると、それなりの知識や技術が求められますので、こういった多少キツくても濃い仕事ができる職場にいけば一人前になるのも早いでしょう。

介護福祉士資格取得までの理想的なステップ

確かに無資格でも受けられる資格ではありますが、最近は未経験から最初の就職で介護職員初任者研修が必須であるところも増えています。
ですから、理想的なステップは

介護職員初任者研修→実務者研修→介護福祉士

の順です。

確かに実務者研修は未経験からでも取得できますが、6か月間かかります。
その時間が転職前でも働きながらでも、長く時間がかかりすぎてしまうため、先に介護職員初任者研修を受講しておき、働きながら実務者研修、3年経ったら介護福祉士とするのが良いでしょう。

平成28年度から介護福祉士の受験資格が変わります

平成28年度から介護福祉士になるためには「実務者研修」を修了しておかないといけなくなります。

平成26年度(筆記試験は平成27年1月末)までは

無資格でも実務経験が3年あれば受験ができます。

実務経験3年+筆記試験+実技試験

平成27年度(筆記試験は平成28年1月末)からは

実務経験3年に加えて、実務者研修を受講しなければならなくなります

実務経験3年+実務者研修+筆記試験

介護福祉士についてはこちらにも詳しくまとめてあります。
介護福祉士の資格について

同じカテゴリの記事一覧

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ