未経験でも採用されるための志望動機のポイント

履歴書介護業界は人材不足、求人は選べる状態ですが決して誰でも受かるわけではありません!

人が人を支える仕事、介護を必要とする人に安心して生活できるサービスを提供する人として採用するのですから、採用担当者も応募者が介護士として適しているか書類選考の段階からじっくり見ています。

履歴書を好印象にするには?

履歴書を書くときに、一番悩むのが志望動機ではないでしょうか。

他の職種から介護業界への転職の場合は、介護という専門的な職場に応募する志望動機は重要なポイントです。
志望動機は面接の場でも質問されるので、履歴書に書いたことと面接の場で話すことが違っていてはダメ!
どうして介護職に就きたいのかを履歴書を書く前に、しっかりと見つめなおして、まとめておくと一貫性のある答えができます。

こんな志望動機はありきたり

  • 「親族の介護で感動した」
  • 「人の為になる仕事をしたい」
  • 「絆で結ばれたような仕事をしたい」

これらが介護の採用試験で多い志望動機です。

人手不足の介護職ではありますが、イマイチ印象に残りません。
介護職を希望する理由はピンポイントでもっと具体的に書きましょう。

運営会社の理念について触れる場合

また、貴社の理念に共感を持ったという書き方も多いのですが、これも今一つ押しが弱いです。
その理念に特別な思いがあるならば、「理念のこの部分に共感しました!だから私はこうなりたいんです!」など理念に対してどうしたいのかをハッキリさせましょう。

志望動機は欲張らない

あれもこれもと、いくつもの理由を書き綴っては、本当のところはどうだか伝わりません。
一番伝えたい事を決めてそれを具体的にポジティブに伝えましょう。

面接の場で聞かれたら?

まず履歴書に書いた志望動機と面接で言っていることが違えばそれだけで印象が悪いです。
履歴書に書いた内容はメモしたりして、覚えておきましょう。

前職の経験をどう活かせるのか

前職での自分の評価、経験が介護職に役立つスキルになることもあります。まずは、今までの評価や言われている性格などを、面接までに分析しておくこと。
一度自分を客観的に見てみることが、転職活動にとっては大切。

異業種からの転職でも、なにかしら介護の仕事に結びつけることがあるはずです。

介護に向いている性格
  • 人の面倒見が良いと言われていた
  • 困っている人を見ると黙っていられない
  • みんなと一緒に協力して何かをすることが好き

などが正確的な面でのアピールポイントになります。

こういった性格をアピールする時には、そのことで仕事にどう活かせるのか、会社にどんな貢献がきるのかをアピールすることが大切です。
介護職にボランティア精神は必要ですが、ボランティアではありません。その違いを理解しましょう。

短期間で退職しないことを伝えよう

また、介護業界は短期間での退職がたいへん多いです。

長く働きたい事をアピールするのも忘れないようにしましょう。スキルアップして上の資格を取っていくことで、会社に利益をもたらすことを伝えると採用されやすいです。
目標を持っていれば長く勤める意思が強いともとられます。

介護の資格(介護職員初任者研修など)を持っている場合は、実技演習や実習で感じたことを具体的に話しすると説得力があります。

履歴書の書き方に不安があるのなら

もし転職活動に不安が大きいのであれば、サポート付の介護専門求人サイトを利用するのも良いでしょう。
面接や履歴書のアドバイスだけでなく、職場見学や就職の相談までサポートしてくれるので、未経験から転職する方には利用をぜひおすすめしたいサービスです。

おすすめサポート付介護専門求人サイト5選

おすすめ未経験からでも安心して利用できる派遣会社

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ