未経験から正社員に採用されるのは可能?

正社員介護施設、訪問介護事業所などの介護業界の人材不足は深刻な問題になっています。

だから、すぐにでも正社員になれるのでは?と思う人も多いです。

しかし!誰でも正社員ですぐに採用されるのかと言ったらそんなことはないのです。

介護する人の手は欲しいけれども、会社に貢献する人材でない、マイナスになりそう人はいらないというのが、経営側の本音です。

正社員採用に積極的でない事業所には理由があります

人材不足なのに正社員を雇わない理由とは

すぐに辞めてしまう人が多すぎる!

介護職はとても離職率が高いことで有名です。

もちろん、続ける人は続けますが、介護職は人材不足のため他の職種より就職がしやすいです。
その就職へのハードルが低すぎると辞めるハードルも低くなり、嫌と感じたらすぐに辞めてしまう人が増えるわけです。

正社員を雇用するのにもお金がかかります。

正社員を雇うことは社会保険料に見合うだけの利益を会社にもたらす可能性があることが望まれるのです。

このことからまずはパートや紹介予定派遣などの非正規雇用で採用し、しばらく様子を見てから正規採用としたい事業所は多いのです。

正社員雇用してもすぐに辞められてしまっては採用側にもデメリットしか残らないというわけです。

未経験でも就職できるため人材の質が低くなりがち

介護業界が人材不足のため、採用試験でちょっと「ん?」と引っかかる人でも採用してしまう事業所も多いです。

しかしそういった人を正社員として気軽に採用してしまうと大変!

正社員は相当な理由がないとなかなか解雇ができないため、問題のある職員だった場合でも少々のことでは「もう来なくていいです」とは言えないのです。

このような理由から、未経験者で正社員雇用することに慎重になってる事業所・施設も増えてきています。

社会人としての常識ができていればすぐに正社員になれる可能性も

上にも書いた通り、正社員として採用されなくても研修期間などでしっかり最低限の挨拶や仕事ができると判断された場合は、正社員にしてもらえる可能性が高いです。

優秀な人材の確保が難しいのが、介護施設経営者の悩みでもあるので、他の業界に比べれば
正社員になるためのハードルは低いといってもいいでしょう。

資格を取れば正規雇用の可能性は広がる?

求人を見ていると分かるのですが、同じ未経験でも資格を持っているのといないのでは、正社員採用の可能性に実は大きな差が出てくるのです。

無資格・未経験の場合

介護施設への転職・再就職をする時に、求人票などを見ると「未経験OK」と書かれている所をよく見かけます。しかし、それは正社員としての求人ではない場合がほとんどです。

無資格と資格保持者では給与にも差が出てきますし、就職前に知識や基本的な技術が少しでもあるのとないのでは、働きやすさが大きく変わってきます。

未経験でも介護職員初任者研修資格があれば正社員の求人が増える!

求人情報を見ていると<条件:介護職員初任者研修>としているところが増えています。
介護職員初任者研修は即戦力を期待できるほどの資格ではないのですが、これを取得している人の方がやる気を感じるのは間違いないですよね。

未経験であれば介護職員初任者研修(旧:ヘルパー2級)の受講をおすすめします

【参考】
介護職員初任者研修とは?
介護職員初任者は取得するべき?

社会保険や雇用保険に加入することが条件とすれば、多少はお給料に差が生じるかもしれませんが、福利厚生(社会保険等)が正社員と同等ならば契約社員で入社して、その後正社員になれる方法を考えるほうが採用への近道だと思われます。

スクールの資料請求はこちらから

同じカテゴリの記事一覧

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ