実務者研修(旧:ホームヘルパー1級)について

実務者研修(ホームヘルパー1級)とは?

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)と同様に、「実務者研修」が2013年4月に新設されました。
以前の介護職員基礎研修およびホームヘルパー1級に当てはまる資格になります。
各都道府県知事が認定する資格になり、介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の一つ上の資格に位置付けされています。

介護職員初任者研修(旧:ヘルパー2級)よりも上級の資格になり、訪問介護施設ではサービス提供責任者として働くことができます!

平成28年度から介護福祉士になるためには実務者研修を修了していることが必須になるので、ぜひ受講をおすすめします。

未経験でも受けられるの?

介護未経験でも受講が可能です。

介護職員初任者研修と同じスクーリング期間であるのにも関わらず、たん吸引が可能になったりサービス責任者としての業務が可能になるなど何かと有利な資格です。

実務者研修を受けるメリットは?

介護職員初任者研修では、介護を必要としている施設の入居者が痰(たん)に苦しんでいても取ってあげることができません。
しかし実務者研修の資格を持っていると介護職員でもこの痰を吸い取る「たん吸引」をすることができるのです。

こういった仕事の範囲の差は同じ介護職員でとして大きな差になります。
また、実務者研修を受けると、福祉関連施設で「サービス提供責任者」として貴重な人材になることが出来ます。

サービス提供責任者とは

サービス提供責任者は、ケアマネージャーと連携して介護プランを作成したり、訪問介護や育成介護などの管理業務が可能となる資格になります。
実務経験3年以上の介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)の人も「サービス提供責任者」になることが出来ますが、その場合2013年から介護報酬が10%減少されることになったので、実務者研修を終了している方が有利になるのは間違いありません。

介護福祉士になるには必須の過程になる

介護の仕事を始めたからには、いつかは国家資格である「介護福祉士」になりたいと考える人も多くいます。その介護福祉士の受験資格に、2016年1月から実務経験3年以上に加えて、「実務者研修」を終了していることが条件になりました。これにより、2016以降は必ず「実務者研修」を受講しなければならなくなるのです。

介護福祉士の受験資格に実務者研修を終了しなければならないことは、介護業界にとっても良いことです。
介護関係の資格はこれまで分かりづらかった面がありましたが、資格取得のステップアップの段階が明確にされて、キャリアアップへの道筋が見えてきました。
それと、実務経験3年だけで国家資格受験要件を満たしてしまう問題点を改善することが出来るのです。高齢者施設で働いた3年と児童福祉施設での3年では、介護職の身についた経験と知識は大きく異なります。
人によって実務経験のスキルが偏っていることを正し、介護福祉士の質の向上の為には実務者研修の受講は有効な手段となります。

介護福祉士への受験は厳しくなりますが、介護業界全体のレベルアップの為に実務者研修は重要な研修制度になるといわれています。

同じカテゴリーの記事一覧

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ