軽費老人ホームの特徴と仕事内容

軽費老人ホームの特徴

軽費老人ホームは、主に身寄りのないまたは家族との同居が何らかの理由により困難である高齢者が入所する施設です。

主に社会福祉法人や地方自治体が経営しており、国から運営資金の援助があるため利用料が安いことが特徴でもあります。

入所基準は60歳以上の人、もしくは夫婦どちらかが60歳以上である身寄りがない高齢者が自分で生活していくことを基本とした施設なので、介護レベルは自立~軽度の要介護で認知症の方は入所を断われることもあります。

A型・B型・ケアハウスに分かれる

食事が付くかつかないかで「A型軽費老人ホーム」と「B型軽費老人ホーム」に分かれます。国が身寄りがない人への救済目的で援助している施設でもあるので、家賃や入居一時費用はとられることはありません。生活費と事務費のみの支払いになります。
ケアハウスも食事は付きますが全室個室で、自立して生活できる人向けです。

  • A型軽費老人ホーム

食事のサービスがある施設です。自分での食事の支度が困難な高齢者向けの施設です。
その分月額利用料も高く6万~が多いようです。

    • B型軽費老人ホーム

食事のサービスが付きません。自分で食事や基本的な生活ができる自立した高齢者が入所しています。

    • ケアハウス(C型軽費老人ホーム)

ケアハウスも基本的には食事が3食ついてきます。A型との違いは、全室個室になっており、施設内がバリアフリーになっているため車いすで移動できる点です。
介護保険では居宅として扱われるため、要介護認定を受けた場合はデイサービスなどの居宅サービスが受けられることも特徴です。
その分月額使用料も高く、経済的に余裕がある人でないと入れないという側面もあります。

軽費老人ホームはケアハウスへ統一

軽費老人ホームは要介護者を受け入れていないため、2008年よりケアハウスへ統一されることが決まりました。そのことから年々軽費老人ホームの数は減り、ケアハウスが増えていくことになるでしょう。

入所者の条件

入所基準
入所条件 60歳以上(または夫婦どちらかが60歳以上)
介護レベル 自立~介護レベル軽度
認知症 受入なし
所得制限 所得35万円以下(A,B軽費老人ホームのみ)

軽費老人ホームの仕事事情

仕事内容は?

入居者の食事・入浴等の生活支援や行事企画、施設の清掃など。
B型では食事作りはありませんが、A、B型、ケアハウスともに自立している方がほとんどなので身体介助が少なく、比較的負担の少ない業務になります。

勤務形態は?

日勤・夜勤を含む4~5交替勤務が一般的です。

パートは夜勤がない職場がほとんどです。

未経験でも就職可能?

無資格、未経験も就職可能です。
介護レベルが軽度の方や自立している方がほとんどなので、未経験や無資格でも働きやすい職場であると思います。
A型・ケアハウスでは食事作りが必須になるため、基本的な料理はできないと少し苦労するかもしれません。

他の施設について見る

施設名をクリックすると特徴と仕事内容のページに行きます。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ