良い職場に出会うための5つのポイント<はじめての介護求人選び>

離職率が高いと言われている介護職ですが、それでも続けている人はいます。

仕事が続くか続かないかは、就職した施設によるといっても過言ではありません。
つまり一番重要なのは、就職する会社が良いかどうかなのです。
良い会社の基準は人それぞれでしょうが、給料、休日、福利厚生ももちろんですが、会社の方針や雰囲気も大切です。
介護未経験の方は、どの施設にするか、どういった働き方をするかは通常の会社に就職するのと違いますから、余計に悩むところだと思います。

そこで、良い職場に出会うための5つのポイントにしてまとめてみました。

情報を集めて良い施設を見極めよう!

求人の探し方のポイント

  • ハローワークは無料掲載できるため、質の悪い求人が混じっていることも
  • 求人情報は写真の雰囲気だけで判断しない
  • あらゆる手段でリサーチしよう
  • 誰でも良いから採用したい!という雰囲気を感じる職場は避けよう
  • 失敗しないためには紹介と現場見学を利用しよう

ハローワークの求人はじっくり選定しよう

転職先を探す時にまずハローワークへ行くという人が多いですよね。
一番多くの求人情報を抱えていますから、介護職の求人はたくさんあります。

ただ、ハローワークの情報は、あらかじめ決まった求人に情報だけ載せているので、離職率や求人理由などは分かりません。また、常に求人している介護施設は何らかの問題を抱えている事になりますから、避けた方が無難です。

ハローワークは求人の掲載が無料でできます。
気軽に載せられるだけあって、採用する気がないのに掲載を取り下げてないままだったり、お金をかけてまで優秀な人材を集めたくないというような質の悪い会社の求人も混じっています

確かに応募や問い合わせを職員の方がしてくれるので手軽ですが、そういったやりとりが苦手な人は、最近ではインターネットからも応募できますのでそういうサイトを利用してみても良いでしょう。

求人情報は写真の雰囲気だけで判断しない

求人誌や求人サイトも同様にいつも掲載しているところは避けましょう。
ハローワークと違うのは、会社の希望によって写真を載せられたりアピールポイントなどの文章を決められるところです。
「アットホームな雰囲気で、明るい職場です!」といった文章にみんなが笑顔で写った写真があれば、それだけで「あっなんかここ良さそうだな」と思ってしまいますよね。

しかし、待遇も労働時間も雰囲気も実際はどうなのか分かりません。
求人情報だけでそういった印象を与えることは、実はとても簡単にできてしまうのです。

写真や文章の雰囲気だけで選ぶことがないようにしましょう。
できれば事前に見学ができるか聞いてみると良いです。

あらゆる手段でリサーチしよう

気になる施設や近所の情報、WEBサイトでのクチコミ、施設のホームページを見てリサーチすることはもちろん、一番は実際に介護の仕事をしている人に聞くことです。

「介護職の知り合いなんていないよ」という方は、介護職員初任者研修を受講する際に講師の方などに相談するチャンスです。講師になるような方は、業界に詳しいので施設の評判にも知っている可能性が高いです。

確実なのはサポート付の介護専門求人サイト、派遣であれば介護専門の派遣会社を利用することです。
自分では聞きにくいことや職場見学の交渉などを代理で行ってくれますし、施設の選び方、面接の仕方にもアドバイスをもらえます。

無料で利用ができますので、未経験であればぜひ利用をおすすめします。

誰でも良いから採用したい!という雰囲気を感じる職場は避けよう

介護施設では常に人手不足の状態です。誰でもいいから手伝ってというような施設もあるのが現状です。誰でも良いのですから、本当に誰でも良いのでしょう。

このような事業所は、利用者に対しても誰でも同じというような対応をしている可能性が高いです。人手が足りないのですから、一人一人に向き合う時間が取れません。
介護は誰でもなれるチャンスはあっても、誰でもできる仕事ではありません。

  • 年齢不問!
  • やる気だけあれば大丈夫!
  • 自動車免許さえ持っていればOKですよ!

もちろんこのような求人広告すべてが悪いとは言えませんが、警戒心を持つことも大切です。

失敗しないためには紹介と現場見学を利用しよう

上記にも書いた通り、資格取得しているならば、その講座で講師をされた介護福祉士、社会福祉士の先生に相談して紹介してもらうのが一番安心して働けます。現場の状況を知っている事、また、仕事柄たくさんの施設や事業所の内情にも通じています。
紹介してもらい安心出来ても、かならず施設、事業所の見学・説明を受けましょう
施設側もすぐに退職されるよりも、しっかりと知ってもらってから就職してもらった方がよいので快くOKしてくれるところが多いです。

利用者の顔が生き生きしているか、施設内が整理整頓されているか、働く人も明るい話し声が聞こえるか、自分の目でしっかり確認しておけば就職する際も安心感がありますよね。

長く続けられるかどうかは施設次第

離職率が高いと言われる介護の職場でも、長く働き続けている人は多くいます。
実は退職しても、違う介護施設に再就職する人が多いのです。

それは、介護職が嫌なのでは無く、施設に不満があるからだということが良く分かりますよね。

せっかく採用された職場が劣悪ですぐに退職なんてことになれば、次の転職にも影響しますし、介護職がしてみたいと思った気持ちがもったいないですよね。

そういった中で利用者が急増しているのが「介護キャリア+」です。

  • 希望者は電話で相談ができる
  • 就職するとお祝い金がもらえる
  • 毎日求人が更新される
    介護キャリア
    全国30,000件以上の求人が揃い注目企業の求人も多く揃っています。
    会員登録すればスカウトメールを受け取ることもでき、もちろん利用は無料です。

    求人はこちらから探せます

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ