30代の未経験者の転職の現状[まだ大丈夫?]

30代の転職、再就職で介護業界を選ぶのは理由によっては微妙な年代かもしれません。
前職をなぜ辞めたかにもよりますが、就職してから10年ほど仕事を経験してからの転職ですから慎重にならざるを得ませんよね。

今の会社で仕事を続けていた方が、昇進や責任あるポストへの異動があるかもしれません。
そのような仕事を辞めて、全くの未経験ゼロからのスタートになります。

転職はできる?

介護業界は人手不足なので、30代であればまだまだ未経験であっても転職可能です。
実際、介護業界へ未経験から転職する人で多いのは30代~40代です。

介護職は体力勝負の面がありますが、30代であればまだまだ若手。
転職に不利になるかはそれほど心配いりません。

一番のネックはプライド

年齢的なプライドと人に尽くすことの間で葛藤することが一番のハードルになるかもしれません。
それに先輩職員の多くは20代です。年下からどんなに上から目線で指示されても、先輩ですから指示に従わなければなりません。
ここが越えられるかが未経験から働く上で一番の課題という声も聞きます。

仕事の経験と人生の経験

30代は微妙な年代とはいっても、決して悪いことばかりではありません。
30代の大きな強みは人生経験が豊富なことです。
特に30代は年齢的にはまだまだ若いですが、親の介護のことを考えたりする年齢でもありますよね。30代の方が経験してきた人間関係のしがらみや部下への指示の仕方、既婚者なら結婚、子育ての経験は、介護の仕事に大きく役立つんです。

30代の方でも身内など人の生死に触れた経験がある人は、人が人に寄り添い手助けする介護職にとって、実際の知識と大きな経験を持っていることになるからです。

施設側は、何歳であっても介護の仕事に真面目に向き合ってくれる人であれば問題はありません

転職活動では「なぜ30代で介護へ?」ということが大きなカギに

転職活動で面接などで一番のポイントが「なぜ30代で介護職に?」ということです。
30代で介護業界へ転職するならもうずっと介護職をやるつもりという覚悟でないと後がなく厳しいのが現実だと思います。

他の業種から介護職に興味があって転職したい場合

数字や物を相手に仕事をしてきた人が、ある時「何をやっているのだろう」とふと迷い込むことがあります。一度そのように考え始めると、今までの仕事へのプライドや地位が空しいものに変わり、人の喜びや感情を相手に仕事したいと思うようになったとしても不思議ではありません。
ゼロから学び介護業界に転職することは大きな決意が必要ですが、利用者に感謝される仕事は想像以上にやりがいのあるものです。

目標を持てば続けるためのモチベーションアップにもなる

介護福祉士やケアマネージャーを目指すなどステップアップを目標とすれば、働く上で目標ができてやる気も出ます。
きちんとした目標があれば多少つらいと思ったときも、励みになるものです。

目的は給料でも働きやすさでもいい

介護はパートや夜勤専門など働き方がさまざまなので、生活のために仕事をしている人も多いです。目的が給料や労働時間であってもその目的がきちんと明確にしていれば仕事を続けるためのモチベーション維持にもなります。

もし他に仕事がないなどの理由なら

介護職は人手不足なので、「他に仕事が見つからなかったから」という理由で転職してくる人も多いものです。
しかし、30代で「他に仕事が見つからなかったから」という理由で介護業界に転職しても続かない人が多いです。
介護職は精神的にも体力的にキツイ仕事ですので、きちんと目標や目的を持たないと続きません。他の仕事に就くために職歴を積むためというのも全然かまわないと思います。
ただ、その場合も最低でも3年は勤め続けれなければ次の転職も難しいでしょう。

30代からの転職でのリスク

上にも書いた通り30代の転職で一番怖いのは、介護に転職して辞めたくなった後の就職先が困ることです。
なにか資格やキャリアあれば別ですが、そうでなければ30代では次の転職活動には苦戦すると思います。

長く務めるためには施設選びが大切

離職率が高いと言われている介護職ですが、それでも続けている人はたくさんいます。
介護業界は施設によって待遇面や教育体制の差が大きいのが特徴です。さ
さらに介護施設ごとに方針なども違い、雰囲気の良い職場もあればギスギスしたロクに新人を育てる気もない職場も存在します。

ですから長く続けるためには施設選びが一番大切になってきます。

特別養護老人ホームや軽費老人ホームなど施設の種類もさまざまですし、介護レベルが重度の方が中心の施設もあれば、元気で自立した方が中心の施設もあります。

自分がどんな働き方をしたいかまずは考え、その上で希望する施設のリサーチをしましょう。最近では施設側でも、長く勤めて欲しいと考え1日就労体験や施設見学なども行っているところも多くあります。
きちんと自分の目で見て就職してから後悔することのないような職場選びをしましょう。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ