ケアハウスの特徴と仕事内容

ケアハウスの特徴

ケアハウスは身寄りがない、もしくは何らかの理由で家族との同居が困難である人を国が援助して、低価格で利用できるようにした施設です。

軽費老人ホームと同じ部類ではありますが、軽費老人ホームが家賃が必要ないのに対してケアハウスは家賃も支払わなければならないので、月額利用料が軽費老人ホームよりも高額になるのが一般的です。
「軽費老人ホームとは」詳しくはこちら

「介護型ケアハウス」と「自立型ケアハウス」がある

  • 介護型ケアハウス
  • その名の通り介護レベルが軽度から重度で介護が必要である人を受け入れています。ケアハウスはもともと自立している人が対象でしたが、介護保険が導入されたことにより要介護1~でも入所できるようになり、介護型ケアハウスが増えました。

  • 自立型ケアハウス
  • 介護が必要でないくらい自立した高齢者を受け入れている施設です。しかし、自立型は認知症などになると対処を求められる場合があります。 

入所者の条件

入所基準
入所条件 60歳以上(または夫婦どちらかが60歳以上)
介護レベル 介護型ケアハウス→要介護1~5
自立型ケアハウス→自立~軽度
認知症 介護型ケアハウスは受入あり

ケアハウスの仕事事情

仕事内容は?

介護型か自立型かで大きく変わってきます。
自立型であれば日常生活に不自由があれば手助けする形で介護していきます。
ただ、自立型は排泄、入浴介助、食事介助などがほとんどないため介護職の技術はあまり学べません。
本格的にスキルを学びたいのであれば、介護型ケアハウスの方への就職の方が良いかと思います。ケアハウス以外であれば特別養護老人ホーム(特養)や介護老人保健施設などへいくことをおすすめします。
介護福祉士やケアマネージャーを目指す方であれば、介護レベルが重度の方が入所されている施設への就職が介護技術を勉強する上での近道です。

勤務形態は?

日勤・夜勤を含む4~5交替勤務が一般的です。

パートは夜勤がない職場がほとんどです。
夜勤は夜勤専任の方を雇っている職場も多いようです。

未経験でも就職可能?

無資格、未経験も就職可能です。
自立型であれば介護レベルが軽度の方や自立している方がほとんどなので、未経験や無資格でも働きやすい職場であると思います。
しかし、介護を必要としない方の受け入れだけでは、介護の受け皿が増えないため介護型のケアハウスが年々増加傾向にあるようです。

他の施設について見る

施設名をクリックすると特徴と仕事内容のページに行きます。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ