介護の資格

介護の資格はいくつかありますが、未経験・無資格であればまずは「介護職員初任者研修(旧:ヘルパー2級)を取得するのが一般的です。
こちらのカテゴリーでは、介護の資格についてまとめています。
それぞれの受験資格や特徴、試験内容について触れていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

未経験者でも分かりやすい【介護の資格一覧とステップアップ】

介護の資格について簡単に表にまとめています。

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)ってどんな資格?【取得方法&費用】

介護職の入り口である「介護職員初任者」は元々のホームヘルパー2級に相当する資格です。2013年に介護職員初任者研修に改定するに当たり、講義内容も施設での勤務に役立つ内容が増えています。

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)は取得するべき?

介護職は資格がなくても就職することができます。しかし、実際は資格を取得してから働きはじめる人が多く、無資格者であれば施設側から取得するようにいわれることも少なくないようです。取得しておくべきなのか、就職しながら取得するべきなのか解説します。

実務者研修について

実務者研修は以前の介護職員基礎研修およびホームヘルパー1級に相当する資格になります。介護職員初任者研修よりも上級の資格になり、訪問介護施設ではサービス提供責任者として働くことができます。

介護福祉士について

介護職の上位資格である介護福祉士は未経験ではなることができません。しかし、介護士の中にはこの国家資格を目標としている人も多いです。受験資格や将来性などについて解説しています。

ケアマネジャー(介護支援専門員)について

ケアマネジャーは介護支援専門員が正式名称の公的資格です。介護支援が必要な人のところへ訪問し、聞き取りや分析をして、必要な介護のケアプランを作成、実施します。その後の見直しや改善などケアマネジメント、介護業務の相談や援助、介護保険料の給付管理、病院や事業所との連絡・調整を担当します。

【介護職員初任者研修と実務者研修】どちらを取るべき?

実は実務者研修(旧:ホームヘルパー1級)も未経験から取ることができます。しかし、ほとんどの人は介護職員初任者研修を取得しています。それぞれの資格のその理由をまとめています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ