世代別の転職事情を知る

こちらのカテゴリでは、「年代別の介護職への転職事情」についてのコンテンツを提供しています。

一般の会社では年齢が上げれば上がるほど転職が難しくなるのが普通ですが、介護職は人手不足の業界でもあることから年齢による転職のハードルは他の職業ほど高くありません。
また、介護職に就く人の平均年齢も高い傾向にあり、(公財)介護労働安定センター 平成25年度介護労働実態調査によると
「平均は全体で45.6歳、訪問介護員51.9歳、介護職員42.3歳」
あります。

実際、介護士の入り口である「介護職員初任者研修」は50代や60代の方で受ける方が多いです。

こちらでは年齢別に見た転職事情や求人の選び方などを解説しています。ぜひ参考にご覧ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ